• ホーム
  • ポピュラーな性感染症、カンジダってどんな症状なの?

ポピュラーな性感染症、カンジダってどんな症状なの?

心配する女性

カンジダは人の体にいる常在菌ですから、ポピュラーな性感染症であるとともに性行為を行っていなくても発症する可能性があります。
女性特有の病気として腟カンジダが多いのも、膣内に普段からすみついていて体調不良により酸性が落ちてしまうと、増殖しやすい湿度の高い場所であるからです。

よく起こるカンジダの症状は陰部のかゆみで、蒸れて感じるようなものより強いかゆみが出ることが特徴になります。
おりものが変化して白色になり、ヨーグルトやカッテージチーズ状あるいは糊状などと表現される状態になるためわかりやすいです。
おりものの量が増えてポロポロと酒粕のような状態になることもあり、悪化してくると膣の灼熱感や陰部の腫れが起き、性行痛を感じるようになります。

皮膚や腸内、粘膜などにもいる常在菌だからといって安心することはできず、病気またはストレスや疲労によって免疫力が下がったり、ホルモンのバランスが崩れたりすると異常増殖を始めることがあります。
妊娠や出産に免疫力の低下は、普段酸性に保たれている膣内の常在菌のバランスを崩れやすくしてしまうため、一度治った人でも再発しやすいでしょう。

かゆみが続くとどうしても引っ掻いてしまい、傷がつき腫れて炎症を起こすことがありますから早めに病院を受診して対応することが大事です。
糖尿病やステロイドで治療中の人がカンジダ菌の異常増殖を起こしてしまうと悪化しやすい傾向があり、膣より外陰部に症状が出やすく炎症や湿疹のような状態になりますから気を付けましょう。

生理中に同じナプキンを長時間使ってしまい、こまめに交換しなかったり通気性の悪い下着を頻繁に着用したりする人、入浴の後にデリケート部分をよくタオルで拭かないといった人は注意が必要です。
カンジダ菌は真菌でいわゆるカビの仲間ですから、湿度を高く保つほど増殖しやすく、症状をどんどん加速させてしまう可能性があります。
カンジダの症状がでたら、通気性が良い下着を使い陰部をできるだけ乾燥させるようにしましょう。

男性の症状として亀頭や包皮に発赤やかゆみが出るほか、びらんや白苔ができる場合があります。
常在菌ですから、症状がなければ菌がいても特に対応する必要はありません。

辛い症状を食い止める治療薬は通販で入手できる

女性のカンジダ症状に対して、病院で処方される治療薬は腟の中に挿入する腟坐剤と陰部に塗る外用薬で、たいていの場合併用して治療が行われます。
治療薬は処方を受けて購入したほうが安心ですが、病院に行く時間が取れない人や再発で原因が確実にカンジダであることが分かっている場合は市販されている治療薬を使用することもできます。

ドラッグストアで買い求めることが恥ずかしい、行く暇がないといったときに便利なのは通販を使用する方法です。
医薬品もネットショップで購入できるようになりましたが、普通の通販を利用して入手するより海外医薬品の個人輸入代行をしてくれるショップを利用し入手するとメリットがあります。
日本のドラッグストアで販売されているものより海外医薬品のほうが種類も多い点、価格が安いジェネリック医薬品が入手しやすいことも個人輸入代行を使って通販することの魅力です。

免疫力が高まれば自然に治る可能性もありますが、カンジダの症状が発症し悪化してしまった人は、かゆみや痛みがつらいでしょう。
おりものの変化や膣に灼熱感がある場合は腟坐剤を、陰部のかゆみや腫れだけの場合は外用剤を使います。
市販薬も腟坐剤と外用剤を併用したほうが、症状を食い止めることができるでしょう。
腟坐剤は1日1回で外用薬は1日2回から3回塗布を行い、男性の場合もカンジダ用の外用薬を症状が出ている部分に1週間から2週間ほど塗布を行い、症状が見られなくなるまで続けます。

安いジェネリックであっても、正規医薬品であれば使用されている有効成分は先発医薬品と同じであるためしっかり作用してくれますから安心です。
ただ信頼できる個人輸入代行の通販ショップでなければ、正規品ではない薬が送られてくることがあるので、慎重に通販ショップ選びをするべきです。