• ホーム
  • 自覚症状の出にくいトリコモナス感染症

自覚症状の出にくいトリコモナス感染症

トリコモナス感染症は男女ともに自覚症状が出にくいのが特徴で、男性の90%、女性の5万のうち0%近く症状を感じないとの報告があります。
自覚症状がないからといって感染力がないわけではなく、無自覚のパートナーによって感染が広がる恐れがあるのです。
そのため、体のサインを見逃さないようにすることが大事になるでしょう。

比較的自覚症状を感じやすい女性の場合、性器のかぶれや痛み、排尿時や性交時の不快感、おりものの異変などがあげられます。
特にわかりやすいのがおりものの異常で、白く濁ったり黄緑色で、泡状で臭いが強い、量が増えたなどの変化を感じたら、トリコモナス感染症を疑い検査を受けるのが賢明です。

そのまま放置しておくと他の人に感染させるリスクだけでなく、不妊症や早産、流産などを引き起こす可能性もあります。
また、トリコモナス感染症ではなくても、クラミジアやカンジダなど、別の性感染症の疑いもあります。

男性の場合は感染しても尿によって洗い流されることがほとんどですが、症状としては排尿時の痛みや違和感、尿道の痛みや分泌物などが特徴的です。
トリコモナス感染症の症状が現れたとしても、約3週間ほどで治るのが一般的です。
ただ、それでも感染力は持続するため、病院で検査してもらうことは必須となります。

トリコモナスに感染する原因は性行為によるものがほとんどですが、性行為の経験のない人が感染することもあり、タオルの共用や入浴、便器などが原因で感染する可能性もあります。
なぜなら、トリコモナス感染症は乾燥には非常に弱いものの、水の中では感染力が長時間持続するという特徴があるため、家族間で感染するリスクがあるからです。

自分だけが治療しても、性行為のパートナーが感染している場合は再感染するリスクがあるので、一緒に治療を受けることが大事です。
ピンポン感染のリスクを防ぐことができ、それ以上のトリコモナス感染症の被害の拡大を防ぐことができます。

メトロニダゾールが主成分の治療薬、フラジール

トリコモナス感染症は、トリコモナス原虫に感染することによって引き起こされるため、体内から原虫を除去しない限りは完治することができません。
そのため、一度感染すると自然治癒は望めないのです。
治療方法は、病院で検査を受けて医師から薬を処方してもらうことになりますが、病院で診てもらうのが恥ずかしい場合は、自分で薬を購入することも可能です。

メトロニダゾールが主成分のフラジールは、トリコモナス感染症の治療方法の中で最も一般的な方法ですが、市販薬として薬局やドラッグストアで販売されていません。
個人輸入を代行するインターネットサイトで購入することができます。

メトロニダゾールには原虫や細菌を殺傷する作用が高く、フラジールを服用することでトリコモナス原虫を死滅させられます。
服用を開始してから1週間から10日で完治できるでしょう。
経口薬が一般的ですが、女性で症状が重いケースは、膣錠を使用することもあります。
また、フラジールは妊娠中や授乳中の女性が服用すると、胎児にも影響が現れる可能性があるため、医師に相談してから服用するのが賢明です。

フラジールの副作用としては、発疹や食欲不振、吐き気などの症状が現れることがあります。
飲酒をすると顔面紅潮や嘔吐、腹痛など二日酔いの症状が現れることがあるため禁物です。

トリコモナス感染症は、比較的誰もがかかりやすい性感染症であるうえ、薬さえ飲めば簡単に完治できる病気です。
放置しておくと重篤な症状を引き起こす可能性も否めません。
性器やおりものに異変を感じ怪しいと感じたら、検査するのを先延ばしにせず病院やインターネットで治療薬を手に入れて、早めに治してしまうのが良いでしょう。